SNSフォローボタン
にくきゅうをフォローする

やりたいことのための時間確保。「洗い出し」は時間術の基本中の基本!

雑記
スポンサーリンク

兼業で頑張っているブロガーさんなら「毎日更新なんて、記事を書く時間どうやったら取れるん?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

私もサラリーマンですが、次のようなグチをこぼしながらブログ運営しています。

「まだ残業が当たり前の業界、朝早くから夜遅くまで働かなあかん」

「転職してまだ1年やさかい、それほど融通きかへんねん」

「通勤に車で片道1時間もかかるんでっせ」

「家族とかかわりを持つ時間はめっちゃ大切、削るわけにはいかへん」

「健康のためにも睡眠時間は6時間を切りたくないわ」

などなど。

これでは「自分が自由に使える時間なんてどこにあるん?」というのが、正直な気持ちです。

それでも夢を叶えるための、今は大事なステップアップの時期。

なんとかブログ記事を書き続ける時間を捻出する必要があります。

そこで平日限定ですが1日24時間、自分が何をしてどれくらいの時間を費やしているのか洗い出してみました!

そうすることで、ブログ記事を書く時間確保のヒントが、何か見えてくるかも知れないからです。

1日24時間を「洗い出し」してみたら

その結果がコレっ!

5:30 起床・準備

6:00 出勤(朝食)

7:00 仕事①

12:00 昼食

13:00 仕事②

20:00 退勤

21:00 夕食・入浴

22:00 自由時間

23:30 就寝

めっちゃシンプル(笑)

ただ、こうやってみると改めて感じるのが、仕事の拘束時間が長いこと長いこと。

片道1時間の通勤時間を含めると、6:00から21:00まで15時間も費やしていることが分かります。なんて社畜っぷりなんでしょう!

たまに少しだけ早く帰宅できる日もありますが、子どもたちが起きて待ってくれていたりするので、寝かしつけたりしていると結局21:00頃になってしまいます。

つまり、私がブログ記事を書く時間として充てられる平日の自由時間は、22:00からのたった90分しかないことが明らかになったのです。

やりたいことのために自由時間をどう使うか

では次に、ブログ記事を書くのにかかる時間を考えてみます。

私の場合、リサーチなどの下準備から公開までには、どんなに早くても2時間はかかります。ほとんどの場合が、それ以上かかっているといってよいくらいです。

訓練次第ではもっと早くなるでしょうけど、すぐにどうなるというものでもなく、時短については長期的な視野で考えるべき。

であれば、選択肢は

①ほかの時間を削って、自由時間を増やす。

②1日の作業を下準備と執筆に分け、2日に1回のブログ更新ペースにする。

の2つしかありません。

ただ、勤務時間はほぼ確定していますし、私は睡眠を最低6時間は絶対に確保すると決めています。

また、その他も大幅な時間短縮は現実的ではありません。

そう考えると選択肢①はまず不可能。

どうやら選択肢②の一択になってしまいました。

要するに「毎日気張って無理するんちゃうで。自分のペースに合わせた更新でええんちゃうの?」ということになるんですね。

無駄な時間を過ごしているのなら的外れですが、本当に忙しくてブログを毎日更新する時間がないと困っている方なら、多かれ少なかれ私と同じような結論に達するのではないでしょうか。

 まとめ

以上のような結果になりましたが、何かをする時間を確保したいとき、今回の私のように面倒がらず時間の「洗い出し」をするのは基本中の基本です。

そうすることで、まずどれだけの時間が確保が可能なのかがハッキリ明確になります。

そこからムダな時間を見つけたり、時間を生み出す工夫が生まれたりするようになるのですね。

1日24時間は誰にも平等、どう上手に使うかは自分次第です。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

コメント