SNSフォローボタン
にくきゅうをフォローする

複利効果で目指せ1億円! にくきゅうFX運用実績【開始編】

投資
スポンサーリンク

先月はじめにTwitterでもつぶやきましたが、おこづかいを貯めて元金10万円からFXを始めました。

FXでの運用は4年前にも一度やっているので、今回が再挑戦となります。

ではなぜもう一度FXを始める決意をしたのか。その理由は以下の通りです。

  • 老後資金を増やしたい
  • おこづかいを増やしたい
  • 投資スキルを身につけたい

この3点が主なものとして挙げられます。

そして、その目標額ですが……

 

 

 

 

 

 

 

な、な、なんと1億円っ!!!

 

を掲げています。ちょっと現実離れしていますよね(笑)

でもその理由やトレードルール、達成するための運用方法などもきちんと明確化できています。

では私の「にくきゅうFX」で、どうやって1億円もの目標を到達するのか。

今回は【開始編】ということで、その一部を明らかにしていきます。

複利の恩恵を受けたい! にくきゅうFX再挑戦の理由

FXに再挑戦しようと決意した理由ですが、先に挙げた3点を見ていただくとお分かりになるように、決して目先のお金だけが目的ではありません。

将来を見据えた人生設計のもと、資産ポートフォリオのひとつとして取り組んでいけたらと考えているのです。

おこづかいを増やしたい

私の家族は、今は妻と子ども3人の5人家族。来年にはもうひとり増える予定です。また転職もしているので、減少傾向にある私のおこづかいはさらに切り詰めないといけません。

そんな中で自分の好きな本を存分に買えるだけの余裕や、人脈を広げるための交際費などもじゅうぶん残しておきたい。

そのためには収入自体を増やす、という発想に行きつくのは自然な流れでした。

老後資金を確保したい

私は現在44歳で、結婚したのは36歳と少し遅めです。しかもその直前まで借金があり、その時点でもちろん貯金などありませんでした。それから初めて子どもが生まれてまだ7年ですから、今でこそ多少の蓄えができたものの、今後の貯金もすべて子どもたちの学費などに充てる必要があります。

つまり家計としては、自分たち夫婦の老後の目処が立っていない状況なのです。

年金以外に余生を安心して暮らせるだけの資金、その確保を考えるのは当然ですよね。

投資スキルを身につけたい

時間は有限です。ですが投資という経験値を稼ぐためには、どうしてもある程度の時間がかかります。

ならば少しでも早く始めることで、その得られる経験値の最大化を図りたい。

本音を言えば、今では相当遅いくらいです。もし今20代のころの私に会えたなら、浪費なんかせずに何か投資を始めるようきつく叱り飛ばしていることでしょう。それくらい時間は貴重ですし、そこで得られたスキルは今後役立つものになるはずです。

複利効果がすごいんです! にくきゅうFXの目標金額とルール

これまでの遅れを取り戻し、かつ現在の余裕と明るい未来のためには、目標は現実離れしたものにならざるを得ません。ただしそのトレードルール自体が複雑になってしまうと、ギャンブル性におぼれて市場から早期撤退する羽目になるのは火を見るより明らかです。

目標金額は65歳までに1億円!?

来年生まれる予定の子どもが成人するのは、私が定年を迎える65歳とちょうど同じです。それまでに1億円を作り出す。そのためには複利効果をじゅうぶん発揮させる必要があります。

具体的には3%の月利。この条件を継続できれば、計算上では19年5ヵ月で目標達成できちゃうのです。

どんな利率で、どれくらいの運用期間があれば元金がいくら増えるのか。興味がおありでしたら、複利用の計算サイトがたくさんありますので試算してみてはいかがでしょうか。

基本のトレードルールはシンプルに3つ

取引通貨はポンド円で考えていますが、最近のブレグジット(英国のEU離脱問題)の影響を見ながら臨機応変に決めていきます。

ただ、基本的なルールは以下の3つに絞り込みました。

  1. 取引時間は欧州・米国時間のみ
  2. 指値・逆指値の注文は必ず入れる
  3. 2回連続で負けたらその日のトレード終了

1.はボラティリティ(値幅)の動きが大きくなる時間帯を狙うためです。また、本業に悪影響を及ぼすことを防ぐためでもあります。2.は利確と損切りポイントを明確にしてトレードするため、3.は負けを取り戻そうと熱くなりすぎるのを防ぐためです。

なお詳しい手法は明かせませんが、原則2本のラインだけでエントリーポイントを判断します。何でもシンプルな方が分かりやすいのです。

にくきゅうFXで複利効果を発揮させるための「資金管理」の徹底

相場からの退場を一度経験することで、勝つためには必勝の手法(聖杯)を探すのではなく、いかに損失を抑えて利益を増やすことが大切なのかを学びました。つまり「資金管理を徹底する」ことです。

よく「資金の30%を超える損失を回復することは困難」という話をよく耳にします。10万円の資金に対して7万円、ここまで来てしまったら相場を退場するという気構えで取り組みます。

適切なレバレッジ

資金が10万円なので1万通貨を上限とすることにします。また取引口座では最大25倍までのレバレッジが可能なコースを選んでいますが、通常は実効レバレッジを0倍にして取引します。さらに1000通貨単位での取引も可能な口座を選んで、小さい取引サイズでトレードできるようにもしています。

まずは低レバレッジで元本を増やし、ここぞというチャンスで全力投球できる準備を進めるのです。

リスク・リワード比率を意識した取引

これは平均損失と平均利益の比率のことですが、基本はリスク1円に対してリワード2円の1:2で自動設定しておきます。こうしておけば理論上、勝率4割でも利益が残る計算になり、よほどルールを無視したトレードをしない限りは大きく資金を損なうことはありません。

損失の回避を最優先に

ある程度の含み益のあるポジションになれば、仕掛けた建値に損切り注文を移動させます。もちろん値動きが激しい場合、それによって利益がなくなる可能性も大きくなりますが、損失の出る可能性もゼロとなるので資金の減少を防げます。利益を出すチャンスは次もある、と考えるのです。

まとめ

ここまでにくきゅうFXについて目的や目標金額、トレードルールや運用方法など様々な角度から見てきましたが、何と言っても現段階では絵に描いた餅。すべては実行に移してなんぼです。実を言うと自分が決めた取引ルールを破らないためにも、タイトル通りこのブログで運用実績を公開していこうと決心したのです。

結果はどうなるか分かりませんが、この投資を通じて得られる経験はかけがえのない貴重なものになることは間違いありません。読者の皆さんも温かく見守っていただけると幸いです。

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

コメント