新世界

お笑いコンビのキングコング西野さんが、昨年ビジネス書として世間を騒がせた『革命のファンファーレ』に続き、またもや心躍らせる新刊を世に送り出してくれました。

今の世の中では何が起こっていて、これからどんな時代に変化していくのか。

著者の考える未来予想図、そしてその生き方について本書ではたいへん分かりやすい文章で語ってくれています。

冒頭の「はじめに」で泣けるのもいいんですよねぇ。

私が本書の中で、最も注目したポイントは以下の3つです。

「情報」を入手することこそ、時代を生き抜く戦術となる

キミに必要なものは「勇気」なんかじゃない。「情報」だ。

本文より

これから時代はどんどん変化して、これまで正しいといわれていた生き方ではうまくいかなかったり、これまでの常識をはるかに上回るようなことが平気で起きたりするようになるでしょう。

その中ではじめの一歩を踏み出すために必要なことは、あらゆる「情報」によって障害となるべきものを事前に察知して回避することだ、と読者にアドバイスしてくれています。

つまり、これまでの常識をトレースするような固定観念はジャマなだけ。

時代の大きな流れに乗るためには、現代のさまざまなシステムを理解して活用できる、常識にとらわれない柔軟な姿勢と発想を持つこと。

それは今ならまだ間に合う、と教えてくれているのです。

人の数だけ存在する「人軸」の地図とは?

これまで以上に「信用」が価値を持ち、これまで以上にコミュニティーが加速すると、これまで誰も見たことがない、キミだけの地図が現れる。新世界だ。

本文より

この発想は本当に素晴らしい!

詳しく書くと長くなるのでここはあえて内容は割愛しますが、ぜひ本書のみごとな描写を読んで、具体的なしくみとその面白さを理解してほしい!

ちなみに私が読んだときは、その地図のイメージがはっきりと脳裏に映し出されて、そのあまりのリアルさに鳥肌が立ったほどでした。

それくらい説得力のある発想ですし、何より時代の流れを的確に反映させている考え方だとうならされます。

地図は人の数だけ生まれます。

もう1枚では補い切れなくなっているのです。

物理的な距離ではなく、精神的な距離が力を持ち出すのもそう遠くはないでしょうね。

信用が生み出す未来予想図

人検索」で店が選ばれて、「ありがとう」の数の多さで店が評価され、そしてその評価でまた人が集まってきて、お店にお金が落ちる。たとえ弱くても、たとえ無名でも、誠実に生きている人が報われる世界だ。

本文より

クラウドファンディングに代表される「信用」を換金する手法と、先ほどの「人軸」の地図をかけ合わすことで生まれる新世界。

そう遠くない未来に、著者の考える世界が現れるのはまず間違いありません。

そう言い切れるのは、実際に私自身がすでに同じ考え方で動いていたりもするからです。

たとえば私はそれほど通う店にこだわる性格ではないのですが、美容室だけは例外です。

これまで転勤も含め数多く引っ越しをしてきましたが、そのたびに最初に必ず時間をかけて店探しをしていました。

行くのは月1回程度ですから、長い場合は半年かけて気に入った美容室を探し続けたことも。

もちろんすぐ近所にお気に入りが見つからないこともあるので、そのときは車で数十分かけて通っていました。

なぜそこまでして遠い美容室に通い続けたのか。

それは美容師さんの腕と人柄だったり、リラックスできる店内の雰囲気だったりさまざまなな要素があります。

でもひとことで言うと支払う金額以上の価値を提供してくれる、つまり「信用」できる美容室だったからです。

インターネットのさらなる普及であらゆる情報や技術が共有されて、あらゆるサービスが均一化されると、最終的に「どの店に入ってもハズレがない」という状態になるのは間違いありません。

そんな中では顧客の共感を得ることのできる企業や店が生き残る。

今後はそういった時代が訪れるにちがいないでしょう。

【おまけ】さらに先の新世界へ

じつは上記以外にも、著者はとても目新しいアイデアを終盤で示してくれています。

それは「文字」の運用です。

私たちの生活の中でなじみの深いものですが、これからの新世界での活用に向けて、すでに著者が実際に運用を始めているというのです。

その発想力と行動力、そして切り盛りする手腕は本当に大したものです。

著者の視線の先には、どんな新世界が見えているのか。

私にとって、共感してくれる読者の増えることが楽しみな1冊となりました。

https://takara-diary.com/wp-content/uploads/2019/01/IMG_7702.jpg
にくきゅう

最後まで読んでもろてホンマおおきにやで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA