『これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。』を読んで思考を変える!

『これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。』金川顕教

この本の表紙には”「時給100万円思考」のすべてがここに!”とありますが、まさしく著者がそこに至るまでに実践してきたノウハウがギュッと詰まっています。

そのなかでも特に強調されているのは「成功者の考え方」を身につけること。

さまざまな考え方が本書には挙げられていますが、今回はその中でも私が重要だと感じたもの3つを紹介します。

「思考を変える」ことができるかどうか

その目標を達成するために、自分の行動や口癖を変え、習慣化させていく。そして、習慣化によって、自らの目標としていた行動を、無意識のレベルにまで落とし込むこと。(本文より)

「成功したい」と考えることは誰でも簡単にできます。私もこれまで何度も何度も考え、思い、念じてきました。

でも成功していません。なぜでしょうか。

その答えは「それだけで終わってしまっている」からなんですよね。

著者は、才能や運は自分で作ることができると言っています。

ですが、そのためには「ただ考える」だけでなく

思考が変わる⇒行動が変わる⇒習慣が変わる⇒結果が変わる

のステップを意識して「思考を変える」必要があるというのです。

こんな例があります。

私の参加しているオンラインサロンのオーナーはるさんは、ブログでもたいへん成功されている方ですが、先日こんなツイートをされていました。

まさしく「習慣化」しているよい事例ですよね。

ここまで変わると結果も変わってくるのは当然です。

成功している人とそうでない人との差は、この場合が圧倒的に多いのです。私もそうです。

そしてその差を素直に認め、どうすればうまくいくのかを具体的に把握します。

つまり今回であれば「行動が変わる」⇒「習慣が変わる」の部分をできるように考えるのです。

そしてその弱点を補強するためには、何度も反復する作業が必要になってきます。

当然、これにはある程度の時間がかかります。

しかし習慣化レベルにまで達することができれば、目標達成がググッと近づくのは間違いありません。

そのためにも「思考を変える」ことから始まる4つのステップを実践することは必要不可欠なのです。

周りと比較して無意味に焦る必要はない

ポイントは、人と比べた時点で負けているということ。人生はレースではない。自分との戦いです。(本文より)

「人生とは誰とも競争することなく、昨日の自分より前に進むこと」だと、成功者たちはよく理解しています。

人を蹴落としてでも上へのぼろうとする、そんなさもしく浅ましい根性では輝く栄光をつかみ取ることはできないと、その身をもって知っているのです。

だから「どんなことが起きても他人のせいではなく、すべて自分のせい」とお金持ちは考えます。ベクトルが常に自分に向いているわけですね。

たとえば、お金持ちはその型破りな行動から変人扱いされることも多く見受けられます。

ですが、彼らは決して「一般人の感覚のほうがおかしいからだ」とは切り捨てません。

「自分の普通が一般的な水準と異なっているのだ」と冷静に捉えて、それをもとに成功するための指針のひとつにしたりします。

だから一般とは違う結果を生み出したりできるのです。

逆転の発想で大成功を収めた人たちなどは、その典型的なパターンなのではないでしょうか。

もちろん他人と比較して落ち込んだりすることもありません。

そういった意味では、成功者は孤独でもあるといえますね。

他人の批判に耳をかたむけない

お金持ちは自分のために、自分がよりよくなるために時間を使います。自分に対してマイナスに感じることや、足を引っ張ることに気を取られていても前に進めないと知っているからです。(本文より)

はっきり言うと、感情的になる人は何をやってもうまくいきません。

私がSNSや仕事でお会いする成功者は、みなさん感情をコントロールしている理性的な方がほとんどです。余裕すら感じられます。

また、成功者の多くは嫉妬や批判されることに慣れています。

これはたとえばお金持ちにとって、お金を持っているというだけで他人に妬まれることが当たり前になっているからだけではありません。

人を評論したり、痛みしか生み出さないような議論に費やすエネルギーはすさまじいくらい大きくて、そしてこれほどムダなものはないと知っているからです。

お金持ちはそんなことに時間を奪われるくらいなら、もっと有効なことに貴重な時間を使いたいと考えます。

自己投資や自己分析など、目標達成に向けて努力し続けることに時間を使うのです。

ホリエモンこと堀江貴文氏や、ZOZOの前澤社長などもそうおっしゃっていますよね。

「金持ちケンカせず」とはホントよく言ったものです。

あきらめずに努力を続けた者が成功する

以上の3つが、私が個人的に最も納得できた考え方です。

定着するまで継続して習慣化できた人、他者との比較ではなく自分の人生を走り続けている人、負の感情に負けず自己投資を続ける人。

成功への近道や魔法のような方法があるわけではなく、最終的には「正しくあきらめずに努力を続ける人」が成功するのです。

あとはその行動をいつ起こすのか。答えは言わずとも出ていますよね。

……と自分にも言い聞かせています。

最後まで読んでもろてホンマおおきにやで!

今回紹介した本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA