久世福商店の「食べる、だし醤油」でカンタンおつまみと「風味豊かな万能だし」のシンプル野菜鍋を作ってみました。

「手軽においしい料理を作りたい」

「すぐに本格的な味つけができる調味料がほしい」

「カンタンにおつまみが作れたらいいな」

料理を作る人も食べる人も、やっぱりカンタンでおいしいもの求めますよね。

“ザ・ジャパニーズ・グルメストア”をコンセプトにもつ久世福商店なら、その望みきっと叶えてくれます!

今回は数ある商品の中でも、つぎの人気商品を実際に使ってみました。

  • 「食べる、だし醤油」
  • 「風味豊かな万能だし」

この2つだけでもじゅうぶん満足できる商品ですが、久世福商店は全国の「うまいもの」を厳選して取り扱っているので、どれを選んでも文句なしのおいしさ!

ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

久世福商店の人気商品はこちら

久世福商店「食べる、だし醤油」とは

小瓶に入った食べる調味たれ。

食卓にあってもジャマになりません。

ふたを開けたとたん、ふわっと濃いかつおの香りがただよってきます。

かなり食欲を刺激されますね。

https://takara-diary.com/wp-content/uploads/2019/01/IMG_7702.jpg
おとん

香りだけでご飯一杯イケそうや。

見た目はもろみ味噌に似た感じ。

大豆が粒のまま残っていて、かなりゴロっと感があります。

食べてみると、味もかなり濃いめです。

ちょっと塩からくて、むかしから日本人が好む味つけかも。

まさに「食べる醤油」といったところです。

長野県中野市にある老舗醤油蔵で国産大豆と国産米麹をあわせ、
特製生醤油だれに漬け込むこと二ヶ月。
じっくりと低温で熟成させて出来上がったもろみに、
さらに国産米麹で追い麹をしました。
その贅沢なもろみに久世福の万能だしでおなじみの静岡県焼津産花かつおを加え、
だしの旨みを重ねました。
発酵により醸された大豆、米をそのまま食べられる、まさに食べる醤油です。
大きな桶は七尺杉桶。
いまだにこの桶を使って仕込みをしている醤油メーカーはほとんどありません。
久世福がこだわる味の決め手です。

久世福商店公式オンラインショップより

製法を見てみましたが、さすが久世福商店ならではのこだわりです。

久世福商店「食べる、だし醤油」のおいしい食べ方

わたしは、それほど料理が得意なほうではありません。

そこで「食べる、だし醤油」を乗っけるだけのレシピに挑戦。

ごはん以外は、カンタンおつまみとしてオススメできるものですよ。

ごはん

公式オンラインショップでは、久世福イチオシの食べ方として「卵かけごはん」が紹介されていました。

これはまちがいありません!

でも個人的には「食べる、醤油」のしょっぱさが、たまごによってかなりマイルドになってしまうのがもったいない。

そこでひるひなさん(@hiruhina_raku)から紹介してもらった「食べる、だし醤油withマヨ」に挑戦です。

https://twitter.com/hiruhina_raku/status/1181543949049024512

実はわたし、マヨネーズが苦手なんですが……

こ、こ、これは激ウマっ!!

「食べる、醤油」のよさをまったく失うことなく、それどころかマヨネーズによって風味やうまみがさらに倍増してるではありませんか!

そしてあつあつご飯の甘みが引き立って……もうこれは快感と言ってしまってもいいんではないでしょうか。

https://takara-diary.com/wp-content/uploads/2019/01/IMG_7701-2.jpg
おとん

アッという間に完食やで!

これでめでたく、わたしの新たな「ごはんのお供オールタイムベスト」入りが決定しました!

冷ややっこ

おつまみとしてはまず、公式オンラインショップでも紹介されていた冷ややっこ。

とうふが「食べる、だし醤油」をまったくジャマぜず、さらに豊かに風味を引き立たせています。

とうふが、星をよりいっそう輝かせる夜空のような役割を果たしてるんですね。

とうふも元はと言えば、同じ大豆が原料。

https://takara-diary.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_7988-2.jpg
おとん

合わないわけあらへんな。

今回は冷ややっこで試してみましたが、湯どうふでも温かさがかつおの風味をふくらませて、これからの季節にピッタリのおつまみになりそうです。

きゅうり

次に、これも公式オンラインショップで紹介されていたきゅうり。

もろきゅうと同じ感覚で楽しめそう。

ただ今回は、きゅうりだけだと物足りないと感じたので、ちくわも使ってみました。

「食べる、だし醤油」の塩気がしっかり効いているうえに、ちくわがあることでやわらかい歯ごたえもアクセントに加わって、ボリューム感のあるおつまみになりました!

シューマイ

シューマイ自体は手作りでなく、よくある冷凍ものです。

ですが「食べる、だし醤油」を乗っけるだけで、手間をかけたような味わい深いシューマイに変身するから不思議。

https://takara-diary.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_7990-2.jpg
おとん

ビールとめっちゃ合うやんけ!

シューマイでいけるなら、ギョウザに添えて食べてみてもいいかもしれませんね。

久世福商店「食べる、だし醤油」はリピーター続出の人気商品

久世福商店の「食べる、だし醤油」は、税込み価格626円(本体560円)です!

この値段で1瓶140g入り。

ちょっとの量でじゅうぶんなので何回も楽しめますが、なくなったらすぐにまた食べたくなっちゃうんです。

わたしもすぐにもうひと瓶買っちゃいました!

お買い求めは公式オンラインショップで。

公式オンラインショップへ

もしくは久世福商店のセレクトショップが各地にあるので、ご近所でも買うことが可能です。

久世福商店「風味豊かな万能だし」とは

かなりしっかりした素材の袋入り。

保存しやすいようにチャック付きの、うれしい設計になっています。

だし抽出

画像は公式オンラインショップからお借りしました。 

水から3~5分煮出すだけで、手軽に本格的なだしがとれちゃうんです。

だしの鰹イメージ

鰹を三枚におろし煮熟した節を、直火式の焼津式乾燥機で三日三晩焙乾した後、急造庫と呼ばれる多層式の乾燥機へ移し、牧の直火と煙でじっくり焙乾を続けます。
約一ヶ月後ようやく火を止めると、墨のような漆黒で覆われた「荒節(あらぶし)」の完成。「荒節」表面を丁寧に磨いたものは「裸節(はだかぶし)」と言い、香り豊かで旨みに溢れます。

久世福商店公式オンラインショップ

荒節のほうが、ふつうのかつお節とちがって味にパンチが出ます。

より味わい深いだしが取れますよ。

久世福商店「風味豊かな万能だし」のおいしい食べ方

「風味豊かな万能だし」の保存袋の裏には、料理例がキチンと記載されています。

久世福商店「風味豊かな万能だし」の料理例

・茶碗蒸し
・そば、うどんのかけつゆ
・鍋物
・出汁がらを使ったふりかけ
・炊き込みご飯
・チャーハン、焼きそば、野菜炒め

けっこうたくさん紹介されていますね。

この中で今回は、これからの季節にピッタリな鍋物を試してみました。

野菜鍋

鍋物といっても種類がたくさんありますが、だしのみの味つけですので、シンプルに素材の味を楽しめるよう野菜鍋にしました。

入れたのは白菜、ほうれんそう、だいこん、にんじん、とうふ、油揚げ、豚肉です。

しばらく煮込むと、だしに野菜のうまみが出てきて黄金色に。

人によってはもの足りないかもしれませんが、野菜そのものの味をはっきり感じれる味つけです。

たくさん野菜を食べることができるので、栄養面もバッチリですね。

味に変化がほしくなったら、ゆず胡椒を少し加えてみましょう。

アクセントが効いて、さらに食欲が増します。

ラストの〆にはうどんを入れて、最後までだしの味を堪能しました!

久世福商店「風味豊かな万能だし」は鉄板のお買い得商品

久世福商店の「風味豊かな万能だし」には、1包8gのだしが15包も入っています。

これでなんと税込み価格1,296円(本体1,200円)です!

出がらしを使ってなが~く楽しめますから、かなりお得感ありますよ。

またご家族の人数や用途に合わせて、5包入りと30包入りも選べます!

公式オンラインショップはこちら。

公式オンラインショップへ

セレクトショップはこちら。

久世福商店の商品は、ほかにもテレビ紹介がたくさん!

おはよう朝日です(朝日放送テレビ)
あさチャン!(TBSテレビ)
かつみ?さゆりのなかよしがいちばん(J:COM)
イチオシ!(北海道テレビ)
バゲット(日本テレビ)
ミント!(毎日放送)
ZIP!(日本テレビ)
めざましテレビ(フジテレビ)
やすとも・友近のキメツケ!(関西テレビ)
サタデープラス(毎日放送)
ヒルナンデス!(日本テレビ)
がっちりマンデー!!(TBSテレビ)
他、多数の番組で紹介され大好評の商品を集めました。

このように久世福商店の商品は、テレビなどで紹介されているものがとっても多いんです!

つまり、それだけ美味しいものをたくさん提供されている証拠。

今回紹介した「食べる、だし醤油」「風味豊かな万能だし」以外にも、さまざまなこだわり商品が豊富にそろっています。

プレゼントやお中元・お歳暮などの贈答品にもピッタリ。

みなさんも、ぜひお試しくださいね!

https://takara-diary.com/wp-content/uploads/2019/01/IMG_7702.jpg
おとん

最後まで読んでもろてホンマおおきにやで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA